住みやすいエリアにお引越し│優良不動産業者を頼りにする

室内
  1. ホーム
  2. 損を出さずに処分する方法

損を出さずに処分する方法

男の人と女の人

効果的な売却のサポート

マイホーム購入後に、収入などの状況が変わって住宅ローンの支払いが難しくなる場合があります。マイホームを売却して、延滞分や残ローンの返済を行うことを任意売却と呼んでいます。この任意売却は持ち主自身で行うこともできますが、交渉などに時間をかけられない場合は、専門の業者に相談しながら進めることができます。金融機関の中には任意売却に消極的なところもあるので、この交渉には専門的な知識があると便利です。また、スムーズなやり取りをするには第三者の意見を交えた方が効果的でしょう。住宅ローンで連帯保証人をつけている場合は、保証人の同意が必要となります。万が一、連帯保証人の同意が得られない場合でも、第三者の立ち合いがあると冷静な話し合いが可能になるでしょう。住宅ローンの支払いが難しくて任意売却をするなら、デメリットをできるだけ少なくする方法を検討したほうが安心です。希望通りの価格で任意売却できれば、延滞分も住宅ローンの残金もできるだけ多く支払える状況になるからです。有利な任意売却をして、住宅ローンの負債が残らなければ、今後の生活のプランも充実させられるでしょう。住宅ローンの支払いが厳しいと感じる前に、任意整理を検討し始めることが理想的です。生活プランの再検討や、残金がある場合の完済プランなども含めて、専門知識を持つ人に相談したほうがわかりやすくなりますし、早期解決が望めるようになります。